リオサイトメルってダイエットに効くの?仕組みや副作用について調べてみた件。

こんにちは、田中です。今回はリオサイトメルの効果について調べてみました。リオサイトメルリオチロニンナトリウムが主体となっている錠剤です。

リオサイトメルは甲状腺ホルモンの製剤で、基礎代謝に係わる体内の甲状腺ホルモンを補う薬です。通常、甲状腺機能低下症、甲状腺炎、甲状腺腫などに用いられるこの薬が、どうしてダイエットを目的とした使われ方をしているのか、また、危険性はあるのか、気になったので調べてみました。

リオサイトメルって甲状腺の薬だよね?

はい。リオサイトメルは、甲状腺ホルモンを補うための薬です。そのため、普通は甲状腺機能低下症などに用いられることが多いです。

のどぼとけのすぐ下にある甲状腺から出る甲状腺ホルモンは、体の基礎代謝を高める働きをします。甲状腺ホルモンが不足すると、体がだるくなったり、体重の増加、無気力、疲労感、傾眠など、日常生活に支障をきたす程の様々な症状(甲状腺機能低下症)があらわれます。

リオサイトメルに含まれているリオチロニンナトリウムは、甲状腺ホルモンの一種。略称「T3」として知られ、とサイロキシン(チロキシン、略称T4)と合わせて「甲状腺ホルモン」として呼ばれています。生理活性(生理的調節機能に対して作用する性質)は、T3の方が強いと言われています。

副作用には注意が必要

甲状腺ホルモンとして働くということは、身体のあらゆる機能に影響を及ぼす可能性があるということです。

リオサイトメルの効能が効きすぎた場合、心臓がドキドキしたり、手の震え、多汗などが起こります。心臓が悪い人が使う場合は、特に注意が必要とされています。また、副腎皮質の働きが弱っている方は、急性副腎不全になる可能性があり、注意が必要とされています。使用時は、必ず医師の診断を持って利用するようにしたほうがよいでしょう。

その副作用のひとつに「体重減少」がある

リオサイトメルの副作用には、重い副作用から軽い副作用までいくつかありますが、重い副作用ではない副作用のひとつとして、「体重減少」があります。これは、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の症状。甲状腺ホルモンが過剰になると、新陳代謝が異常に高くなり、結果として多汗、暑がり、食欲亢進、体重減少などの症状が現れます。

リオサイトメルがダイエット目的で使う人がいるのは、新陳代謝を高めて、からだが使うエネルギーを増やそうとしているためなのです。

甲状腺機能が活発になることで消費するカロリーは?

甲状腺機能が活発になることで、新陳代謝が高くなれば、それだけ消費するカロリー量も多くなります。ですが、新陳代謝の高まりによって消費されるカロリー量は人によってさまざま。具体的にどれだけのカロリー消費が増減するかを明確にお示しすることは難しいようです。

リオサイトメルは脂肪をへらすが…

リオサイトメルは、からだに蓄えているエネルギーを消費してしまうので、脂肪を燃焼させると同時に筋肉も減少させてしまう効果があるようです。筋肉量が減ってしまうと、新陳代謝が落ちるので痩せにくい身体になってしまうのです。そこで、ダイエットに使用する方の中には、スピロテロールという薬を併用する方がいらっしゃるようです。

スピロテロール(クレンブテロール塩酸塩)を併用する方法もある

スピロテロール(クレンブテロール)はもともと気管支喘息などを治療する薬です。同時に、筋肉を残したまま体脂肪を減らす効果があることでも知られ、例えば中国では「痩肉精」として豚や牛に与え、赤身の多い食肉を生産している業者もいるそうな。

人間も同様、筋肉を残したまま体脂肪を減らす作用があるとされ、ダイエット時に用いられることがあるようです。プリモノロンアナドリンメダナボルオキシポロンなどのステロイド系の薬と併用している方も見受けられますが、ダイエットや筋肉増強用に開発された薬ではないため、使用には十分な注意が必要です。

スピロテロールにも副作用があるので注意が必要

副作用として多く見られるのは、動悸と手の震えです。また、血液中のカリウム分が減少し、場合によっては不整脈を引き起こすことがあります。決められた用量を守ることが大切ですが、日頃からカリウムを多めに摂取する、定期的な検診を受ける、使用前に医師に相談するなど、自己管理を徹底する必要があると言えるでしょう。

カリウムの補充にはサプリメントが便利

カリウムの力カリウムバランスなど、Amazonでたくさんサプリメントがありますので、リーズナブルなサプリを併用するのが一番簡単かもしれません。

朝バナナでヘルシーにカリウムをゲットする

朝にバナナを食べるのもおすすめ。バナナならコンビニでもスーパーでも手軽に購入が可能です。おすすめは、ミニッツメイドの朝バナナゼリーカゴメ生活の野菜生活100・豆乳バナナです。Amazonでまとめ買いが出来るので、バナナを切らしたタイミングでささっと摂取できるので便利です。味もgood!

リオサイトメルってどこで買えるの?

リオサイトメルがどこで買えるのか、調べてみました。

【最安】オオサカ堂:2,918円 /90錠
【ーー】ベストケンコー:取り扱いなし
ーー】お薬なび:取り扱いなし
【ーー】メデマート:取り扱いなし
ーー】ライフパートナー:取扱なし
ーー】お薬ラボ:取扱なし

チロキシンは複数のサイトでの取り扱いがありますが、リオサイトメルは、オオサカ堂でしか購入出来ないようです。

結論:ダイエットに使うなら、医師に相談してから使おう

リオサイトメルスピロテロールも、甲状腺や気管支といった、身体の大事な部分の機能・効能に直接働きかける薬です。

使用し続ければ耐性がつく可能性が高いため、長期的な使用はおすすめできない薬です。使用する前に、医師に相談してから利用するかどうか判断したほうがよいのではないでしょうか。

おすすめの記事