マイシンバ(コントレイブ)で1ヶ月のダイエットチャレンジ!【毎日更新】

こんにちは、田中です。

今回は、ダイエット外来で処方される抗肥満薬(ダイエット薬)のマイシンバ(コントレイブジェネリック)の一ヶ月使用レビューをみなさんにお届けしたいと思います!

そもそもマイシンバって?

Mysimba(マイシンバ)は、アメリカの肥満治療薬CONTRAVE(コントレイブ)のジェネリックです。有効成分のナルトレキソンと、ブプロピオンが配合されていますが、この2つの成分が神経においてどのように作用し体重減少をもたらすのかは、現在のところ完全には明らかになっていません。

食欲中枢と脳内報酬系の2つの領域に作用しているとされており、肥満症の患者によく用いられている薬です。

マイシンバの飲み方

マイシンバは、飲み続ける毎に、徐々に量を増やしていくのが通常の飲み方のようです。
第1週:朝に1錠
第2週:朝に1錠、夕方に1錠
第3週:朝に2錠、夕方に1錠
4週目以降:朝に2錠、夕方に2錠ただしこの用法は、英国での用法・用量のため、日本国内で使用する場合は使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

ダイエットは摂取カロリーを減らすことが大切。

人間の体が痩せるためには、摂取カロリー<消費カロリーとなればいいわけです。

消費カロリーを増やすためには、基礎代謝に加えて、筋トレ等でからだを動かすことが大切ですが、増やすと言っても限界がありますし、大変な労力を必要とします。消費カロリーを増やすよりも、摂取カロリーを減らしたほうが簡単ですよね。

例えば、ゼニカル(オルリファスト)は、摂取した脂肪の3割を体外に排出するとされていますが、日本人は約3割のエネルギーを脂肪から摂取しているそうなので、摂取量の10%のカロリーをカットできる計算になります。アメリカ合衆国における治験では、1年間の投与により5%の体重減少が見られた成人が60%、10%の体重減少が見られた成人が27%だったそうな。

コントレイブの臨床試験は、3800人に対して56週間行われた試験が行われています。2グループに分けて行った結果、それぞれ平均約7.92kgと7.88kgの体重減少を示したそうです。

実際に、マイシンバを飲んでみた。

ということで、実際にマイシンバを飲み、どれくらい痩せていったのかを記録しました。一ヶ月間、毎日更新します。

1日目 59.6kg(+-0)

初日は個人輸入で届いた夕方に一錠飲みました。この日から計測を始めたので、体重の変化は特にありませんでした。

2日目 59.6kg(+-0)

この日から朝に一錠飲み始めました。朝に体重計測しているので、この日も特に体重の変化が無かったみたいです。ただし、この日から、食欲が少し落ちました。

他の方のレビューにも書かれていますが、極端に食欲が無くなることはなく、少量食べるだけでも満腹感を感じられたり、お腹が空いても、食欲が極端に湧くことがなくなりました。

3日目 58.7kg(-0.9kg)

3日目の朝に体重が落ちていました。特にダイエットを頑張ったわけではなくて体重が落ちていたのでびっくりしました。この日も朝バナナ、昼に外食でカレー、夜にじゃがりこ1箱&ずんだ豆腐、という食事。普通に食べているように見えますが、これでもいつもより食べる量が減っています。

4日目 58.4kg(-1.2kg)

朝はバナナ、はちみつヨーグルト、昼はおにぎり×2、野菜ジュース、夜はニジマス1匹&プロセスチーズでした。夜チーズ食べなかったらもっとカロリー抑えられたのに!って思った時には後の祭り〜ですが、冷静に考えると、夜にパンもごはんもパスタも食べていないのに、それ以上食べようと思わないで済んでいたのは、マイシンバのおかげだと思います。

5日目 58.6kg(-1.0kg)

体重が逆に増加。測るタイミングにもよりますから、誤差のようなものだと思います。

6日目 58.5kg(-1.1kg)

100gと僅かですが、体重は落ちています。

7日目 58.2kg(-1.4kg)

3日間、停滞気味でしたが、マイシンバのおかげで食欲はそこまで高まらず。一週間食べる量が少ない状態が続くと、おそらく胃も縮み始めているのではないかと思います(推測)

9日目 57.8kg(-1.8kg)

順調に体重が落ちています。一週間を過ぎたあたりからの変化としては、マイシンバへの耐性がついてきたのか、午前中に一錠飲むだけだと夜間にお腹が空くようになりました。

12日目 56.8kg(-2.8kg)

始めて2週間たらずで2.8kgの体重減少。正直な話、食べるのを我慢しているわけでもなく、日々普通の食生活を送っているだけでこの体重減少はすごいと思います。適度にお腹は空きますし、ちゃんと朝昼晩食べているのですが、一回の食事で摂取するカロリーは確実に落ちています。

20日目 57.4kg(-2.2kg)

しばらく記録をとりそこねていたら、体重が増加していました。生理というかバイオリズムの影響なのでしょうか、月に一度、食欲がぶり返す時期があるみたいです。この時期の乗り越え方がダイエットにおいて重要だと思いますが、私の場合は見事に体重UP。ですが、体重変化を見る限りわずかプラス0.6kg。これも飲み続けているお陰だと思います。

22日目 56.8kg(-2.8kg)

またダイエットを意識し始めたら、体重が落ち始めました。朝食はバナナ1本と、400gの市販ヨーグルトにはちみつを入れて食べています。昼は普通に外食(カツ丼や定食)、夜はサラダやフルーツなどのあっさりとした食事。こころなしか食事にかかる出費が減ったような気がします。会社帰りについつい寄っちゃうコンビニ。それが無くなりました。

マイシンバは高価な薬ですが、今まで朝昼夜にかけていた食事代の減少幅を考えると、悪くないのかもしれません。

結論:マイシンバは本当に食欲を抑えられる。(体験結果)

あくまで私は、ですが、マイシンバによってリアルに食欲を抑えられたと思います。全員が食欲を抑えられるとは限らないので、他の人がどうだったのか、実際に服用した人のレビューを確認したほうがいいかもしれません。

コントレイブじゃなくても大丈夫??

ネットを見るとコントレイブのレビューが圧倒的に多く、はじめて使用する人の中にはコントレイブのほうが安心できる方もいるかもしれません。

ですが、一錠に含まれる有効成分は、ナルトレキソン塩酸塩 8mg、ブプロピオン塩酸塩 90mgと、どちらも同じです。コントレイブでもマイシンバでも成分は同じですので、好みで選んで良いかもしれませんね。

価格はどっちが安い?

コントレイブ、マイシンバ共に価格をチェックしておきましょう。

コントレイブの価格

【最安】オオサカ堂:39,143円 /120
【最安】SAIKA(彩香):39,143円 /120

【ーー】ベストケンコー:取り扱いなし
【4位】お薬なび:46,580円/120錠
【3位】メデマート:46,500円/120錠
【ーー】ライフパートナー:取り扱いなし
【4位】お薬ラボ:46,580円/120錠

5つのサイトで取り扱いがあるようですが、圧倒的にオオサカ堂とSAIKAが安くなっているようです。

マイシンバの価格

【最安】オオサカ堂:24,466円 /112
【最安】SAIKA(彩香):24,466円 /112

【ーー】ベストケンコー:取り扱いなし
【ーー】お薬なび:取り扱いなし
【ーー】メデマート:取り扱いなし
【ーー】ライフパートナー:取り扱いなし
【ーー】お薬ラボ:取り扱いなし

オオサカ堂とSAIKAでしか取り扱いが無いようです。コントレイブは1錠326円、マイシンバは218円と、1錠あたり100円以上の差がありますね。4週目以降、一日4錠飲まなきゃいけないことを考えるとマイシンバの方がやはり経済的だと思います。

値段が高い!とお悩みの方は…

ジェネリックとはいえ、マイシンバはかなり高価な薬。リポドリンゼニカルオルリファスト)を使用している方もいらっしゃるそうなので、こちらも参考にしてみてください。

おすすめの記事